2017年11月27日
超高速・高信頼性メール配信エンジン「SENDMAGIC Ver2.17」をリリース

『SENDMAGIC 2』がログ出力機能の強化や、送信設定項目の拡張などにより、更に運用が行いやすくなりました!

株式会社ニュークリアス(本社:横浜市西区みなとみらい 代表取締役:鈴木祐二)は、完全自社開発の超高速・高信頼性メール配信エンジン「SENDMAGIC」の新たなバージョンとして「SENDMAGIC Ver2.17」を、2017年11月27日から提供開始いたします。

【主な追加機能】
◆詳細ログを指定条件で出力する機能
SMTP通信時のエラー文面などを出力する送信詳細ログにつきまして、指定した条件に合致する送信結果ログのみ出力できるようになりました。
これにより「正常配信が完了したログ」と「エラー配信となったログ」を別々のログファイルに出力できるようになり、メール生成アプリケーションでの後続処理がより細かく行えるようになりました。

◆SENDMAGIC起動時の新しい制御オプション
SENDMAGIC起動時、送受信プロセスを処理させる/処理させない を選択できるようになりました。
送信キューに残っているメールを送信させることなく、SENDMAGICを再起動させたい・・・などのご利用シーンで有用な機能になります。

◆送信IPアドレスにHELOホスト名を指定できる機能
メール配信を行う際に使用するIPアドレス毎にホスト名を指定できるように機能拡張を行いました。
メール送信時、HELOコマンドにてホスト名を指定する際に本機能が有効に働き、複数IPでの配信にて、それぞれのホスト名を相手受信サーバに伝える事ができます。