2016年7月7日
標的型攻撃メールでなりすまされるリスクを判定する「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」提供開始

今お使いの電子メールシステムが
標的型攻撃メールで
なりすまされるリスクを無料判定します。



株式会社ニュークリアス(本社:東京都大田区 代表取締役:鈴木祐二、以下ニュークリアス)は、今お使いの電子メールシステムが、標的型攻撃メールでなりすまされるリスクを判定する「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」を、2016年7月7日より提供開始致します。


【サービス概要】
昨今、標的型攻撃メールの「なりすまし」先として、実在する取引先企業や団体のメールアドレスが悪用されることが増えてきています。ニュークリアスが一般企業、公共団体100組織について独自に実施した調査では、3割以上の組織が、「なりすまされても判別できないメール」を送信していることを確認しています。
「なりすまされても判別できないメール」を送信していることは、次の2つのリスクを抱えていることになります。ひとつは、「なりすまし」先として悪用されてしまうリスク。「なりすまし」先として悪用されてしまった場合、企業や団体そのものの社会的信用の低下、各方面への対応や対策などで膨大なコストが必要となります。もうひとつのリスクは、電子メールセキュリティ対策が進んでいる組織・団体には、「なりすまされても判別できないメール」は受信者に届かないことが多く発生し、業務等に支障が出てしまうことです。こうした電子メールセキュリティ対策は、標的型攻撃メールの被害増加に伴って、今後ますます強化されることは間違いありません。

本「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」は、「メルスケアサービス」指定のメールアドレスに、判定したい電子メールを1通送信するだけです。送信された判定対象の電子メールをもとに、送信者認証、送信元IPアドレス確認、その他メール送信に必要な情報の信頼性を総合的に検証し、「なりすまされるリスク」を判定し返答します。判定は無料で実施致します。

判定の結果、なりすまされるリスクの高い電子メールシステムと判明した場合には、今お使いの電子メールシステムに手を入れずに、手軽に電子メールのなりすましリスクを低減できるソリューションも併せてご提供致します。

「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」は、ニュークリアスが提供している、標的型攻撃メールでなりすましリスクの高いメールを判定する電子メールアナライザー「メルライザー」を使用して判定しています。


「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」の詳細は、下記の「詳細はこちら」よりご確認ください。
 

「メルスケアサービス -Mail Health Care Service-」に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせボタンよりお願い致します。