2006年3月13日

進化する携帯電話システム



[引用元:日本情報産業新聞 6面]

(中略)
~アプリの充実進む 災害時の緊急一斉配信も~
「高速・大量メールの一斉同報を実現」
 横浜市に本社を置くニュークリアスは、携帯電話向けの一斉同報配信システムを開発、販売しており、04年9月には災害・緊急情報を1分間に1万メール配信できる超高速携帯メール配信エンジン「センドマジック2」を発売している。「自治体の災害対策での需要は高まっている」と江草取締役はいう。
 センドマジック2は、メール配信機能を担うエンジンとして様々なアプリケーションに組み込まれてソリューションを提供している。この機能には宛先不明のメールアドレスを消去するモジュールがあり、配信効果を高める。また、通信キャリアの迷惑メール対策に抵触しないように、通信キャリアごとの迷惑メール受信ブロック仕様に準拠した設定を可能にしている。
 現在はメールアドレスを暗号化する技術を特許申請中で、個人情報を保護しながらセキュアな携帯情報配信システムが実現する。こうしたエンジンは様々なシステムに採用されつつある。
 携帯メールの1つの利用方法が災害対策や緊急情報配信などに利用されることは間違いない。こうしたときのアプリケーションとシステム基盤がようやく整ってきたようだ。