メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』

メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』と一般メールフィルタの違い

Mailyzer(メルライザー)は、標的型攻撃メールの兆候となる偵察メールや怪しいメールを学習型独自アルゴリズムで判定し、 受信したメールの危険度を受信者・システム管理者に通知するゲートウェイソフトウェアです。

メルライザーはSPAMフィルターとは異なり、メール受信セッション時に様々な分析判定を行います。 この分析判定内容は毎日システム管理者に通知されます。 この結果を基に、様々な危険回避対策をとって頂くことが可能となります。

Mailyzer(メルライザー)の詳細は1024ピクセル以上の解像度のインターネット端末でご覧下さい。

メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』

Mailyzer(メルライザー)は、電子メール受信時に得られる様々な情報を、学習型独自アルゴリズムで判定し、受信したメールの危険度を受信者・システム管理者に通知するゲートウェイソフトウェアです。
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』概要
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』仕組み
メルライザーはSPAMフィルターとは異なり、メール受信セッション時に様々な分析判定を行います。この分析判定内容は毎日システム管理者に通知されます。この結果を基に、様々な危険回避対策をとって頂くことが可能となります。
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』分析判定内容例
■メールタイトルに自動挿入される危険判定記号で不用意な開封を回避できます
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』表示例
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』運用例
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』と一般メールフィルタの違い
メール解析エンジン『Mailyzer(メルライザー)』セットアップ及び動作環境