公的機関にも認められた超高速メール配信エンジンのニュークリアス
お問い合わせ・資料請求

2016年7月29日に特定非営利活動法人 リアルタイム地震・防災情報利用協議会(REIC)& ニュークリアス合同セミナー「標的型攻撃メールによる被害を少しでも小さくする為に」を開催致します

株式会社ニュークリアス ニュース&プレスリリース

2016年7月29日に特定非営利活動法人 リアルタイム地震・防災情報利用協議会(REIC)& ニュークリアス合同セミナー「標的型攻撃メールによる被害を少しでも小さくする為に」を開催致します

この度、株式会社ニュークリアスでは、特定非営利活動法人 リアルタイム地震・防災情報利用協議会(以降、REIC)と合同で、2016年7月29日にREIC&ニュークリアス合同セミナー「標的型攻撃メールによる被害を少しでも小さくする為に」を開催させて頂くこととなりました。

昨今、標的型攻撃メールの「なりすまし」先として、実在する取引先企業や団体のメールアドレスが悪用されることが増えてきています。ニュークリアスが独自に実施した調査では、3割以上の組織が「なりすまされても判別できないメール」を送信していることを確認しています。
「なりすまされても判別できないメール」を送信していると、以下のようなリスクが発生してしまいます。

1.「なりすまし」先として悪用されてしまうリスク
   企業や団体としての社会的信用の低下し、事後の対応や対策などにより膨大なコストが必要となります。

2.メールが不達になるリスク
  「なりすまされても判別できないメール」は、メールセキュリティ対策が進んでいる組織には届かず、業務上の支障の
  原因となることが多々あります。また、標的型攻撃メールの被害増加に伴い、このようなメールセキュリティ対策が、
  今後ますます強化されることは間違いありません。

本セミナーでは、標的型攻撃メールを取り巻く社会背景や情勢についての講演、およびこれに対するソリューションとして、標的型攻撃メールで「なりすまされるリスク」を判定するサービスや、簡単に正しいメール送信設定を可能とするソリューション、標的型攻撃メールの被害を少なくする為のソリューションについてご紹介させて頂きます。

この機会に是非、ご来場を賜りますようお願い申し上げます。
貴社ビジネスでお役に立てば幸いに存じます。


■開催概要
【日時】
2016年7月29日(金) 14:00~16:00 (13:30より受付開始)

【会場】
きゅりあん(品川区立総合区民会館) 6階大会議室
東京都品川区東大井5-18-1

【交通アクセス】
JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」下車 徒歩1分

【主催】
特定非営利活動法人 リアルタイム地震・防災情報利用協議会
株式会社ニュークリアス

【参加費】
無料(事前登録制)
定員80名
※定員となり次第、受付を終了させて頂きます。

【セミナー概要】
◇ 昨今蔓延しつつある標的型攻撃メールの社会背景や情勢について
◇ 標的型攻撃メールで「なりすまされるリスク」を判定するサービスについて
◇ 標的型攻撃メールの被害を少なくする為のソリューションについて

【締め切り】
2016年7月27日(水) 18:00


※セミナー内容が一部変更となる場合もございます。予めご了承ください。


2016年07月15日

ニュース&プレスリリース一覧へ戻る

このページの先頭に戻る